コンパニオンのジャンル

通常、会社の職場旅行、宴会などで利用することが多い。コンパニオンは料亭などの従業員ではなく、コンパニオンの業者に料亭などが派遣を依頼している。したがって、通常料亭、旅館などで宴会をする場合、客が直接コンパニオンを呼ぶことはほとんどなく、料亭等を通じて依頼することになる。
だいたい近くのコンパニオン派遣業者に依頼するが、山間部の温泉の場合、離れた町から来る場合も多い。

温泉旅館などに泊まるとき、宴会プランに追加してサービスを依頼する。主な業務内容は「お酌」と「話相手」であるがカラオケを一緒に歌ったりすることもある。したがって、人とのコミュニケーション能力が重要である。数カ国語を自由に使いこなせるバイリンガルなコンパニオンも存在する。遊びなれた通の粋な客は年増との機知に富んだ会話を楽しむ。

温泉旅館でコンパニオンを依頼すると、「時間の延長をしませんか」と勧誘される場合がある。その場合、延長したければしても良いし、しなくても良い。逆に、延長を頼んでも都合によりできない場合もある。

スーツを着ている場合と、和服の場合とがある。チャイナドレスの場合もある。肌の露出が大きい服装であることが多いが、無遠慮にジロジロ見つめてはならない。

現在コンパニオンは主に「ノーマルコンパニオン」「コスプレコンパニオン」「シースルーコンパニオン」「ピンクコンパニオン」があると言われているが、これは旅行商品から生まれたいわゆる俗語(商品名)である。ピンクコンパニオンは盛り上がると宴会ゲーム等をすることが可能である。

熊本にはスーパーコンパニオンが多数おりゲームの域を超えた究極の下ネタ芸の披露がある。

宴会ゲームの代表的なものとして、ポッキーゲーム、野球拳、ツイスターゲームなどがある。

最近では女性客向けに男性コンパニオンを用意している温泉旅館が熱海や伊豆などにある。



コンパニオンさんに水割りを作ってもらう
| 画像

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。