越後湯沢温泉

越後湯沢温泉(えちごゆざわおんせん)は、新潟県南魚沼郡湯沢町(旧国越後国)にある温泉。 ここは川端康成の名作『雪国』の舞台になった温泉町である。
上越新幹線で行くと、トンネルとトンネルの狭間に駅があり、『雪国』の風情を感じるヒマもない。川端康成と同じような風情を味わうには、雪国の国境の群馬県の水上駅から在来線の上越線を使い清水トンネルを抜け、土樽・越後中里と山間を縫うように走ってようやく到着してこそ、川端康成の世界に近づける。

平安末期、高橋半六(高半旅館祖)の温泉発見より(自然湧出毎分約300リットル)始まった現湯沢町の歴史は、その後温泉湧出地名 湯ノ沢から湯沢となる。江戸時代には三国街道の宿場町へと発展していく。 保科正之編纂の「新編会津風土記」に因れば、承保3年(1076年)には既に温泉があったとされる。

温泉地としての繁栄が始まるのは上越線開業後である。

上越新幹線大清水トンネル工事を行った際、一部源泉で湯量減少や源泉枯渇が発生した。その際、昭和54年に日本鉄道建設公団により、4億4,700万円かけて集中管理システムが補償として整備された。


キャミソールコンパニオンプラン
コンパニオンがキャミソールを着て登場!女の子の体がチラチラ見えるドキドキ宴会はいかがですか?

シースルーコンパニオンプラン
シースルーの衣装で登場。いつもと違う雰囲気にハラハラドキドキ間違いなし。


レースラッフルビキニトップ&ソング
| 画像

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。