コンパニオンのジャンル

通常、会社の職場旅行、宴会などで利用することが多い。コンパニオンは料亭などの従業員ではなく、コンパニオンの業者に料亭などが派遣を依頼している。したがって、通常料亭、旅館などで宴会をする場合、客が直接コンパニオンを呼ぶことはほとんどなく、料亭等を通じて依頼することになる。
だいたい近くのコンパニオン派遣業者に依頼するが、山間部の温泉の場合、離れた町から来る場合も多い。

温泉旅館などに泊まるとき、宴会プランに追加してサービスを依頼する。主な業務内容は「お酌」と「話相手」であるがカラオケを一緒に歌ったりすることもある。したがって、人とのコミュニケーション能力が重要である。数カ国語を自由に使いこなせるバイリンガルなコンパニオンも存在する。遊びなれた通の粋な客は年増との機知に富んだ会話を楽しむ。

温泉旅館でコンパニオンを依頼すると、「時間の延長をしませんか」と勧誘される場合がある。その場合、延長したければしても良いし、しなくても良い。逆に、延長を頼んでも都合によりできない場合もある。

スーツを着ている場合と、和服の場合とがある。チャイナドレスの場合もある。肌の露出が大きい服装であることが多いが、無遠慮にジロジロ見つめてはならない。

現在コンパニオンは主に「ノーマルコンパニオン」「コスプレコンパニオン」「シースルーコンパニオン」「ピンクコンパニオン」があると言われているが、これは旅行商品から生まれたいわゆる俗語(商品名)である。ピンクコンパニオンは盛り上がると宴会ゲーム等をすることが可能である。

熊本にはスーパーコンパニオンが多数おりゲームの域を超えた究極の下ネタ芸の披露がある。

宴会ゲームの代表的なものとして、ポッキーゲーム、野球拳、ツイスターゲームなどがある。

最近では女性客向けに男性コンパニオンを用意している温泉旅館が熱海や伊豆などにある。



コンパニオンさんに水割りを作ってもらう
| 画像

山代温泉

山代温泉(やましろおんせん)は、石川県加賀市(旧国加賀国)にある温泉。
北陸三県で最大級の温泉街の1つである。石川県においては、山代・山中・片山津という順序で温泉地が呼ばれるように、その順序で大きさを表すものといえる。また、旅館ホテルのレベルも最高級であると評価されている。北陸地方では和倉温泉と並んでグレードの高い高級旅館が多いのも山代の特色で、中には和倉の「加賀屋」に匹敵するものもある。

歓楽温泉としての知名度は頗る高く、関西地方では男性が「山代に行く」といえば大抵、女遊びに行くことを暗喩するといわれた。

しかし、山代は何も歓楽的な要素だけで片付けられない。歴史資産も群を抜いており、町並みは紅殻格子が鮮やかな古い旅館や民家が点在しており、情緒満点である。共同風呂「山代温泉御殿」は藩政時代から続く共同風呂である。また、近世には古九谷を再興した吉田窯が置かれた場所で、今もその流れを汲む窯場があり、観光客人気が高い。窯跡の展示館もある。古来より多くの文人に愛されており、北大路魯山人の寓居跡は現在、「いろは草庵」という名前で観光名所となっている。はづちを楽堂は紅殻格子を基調としたオープンスペースで温泉街散策の溜まり場、様々なイベントが催される。他にも様々な施設があるが、これらは全て山代温泉の歴史が生み出した文化遺産を有効活用したものである。

小姐(シャオジェ)
絶対お得!!必ず納得
2,3次会にコンパニオンは付いておりません。別途追加になります。
コンパニオン1人の延長・追加料金
30分 8,400円(税込) 90分 25,200円(税込) 120分 33,600円(税込)  

オプション
形盛
媚女形(15分)1名  52,500円(税込)
各120分  1体 84,000円(税込) 2体 126,000円(税込) 3体 157,500円(税込)

1泊2食付 宴会時
トップレスコンパニオン 120分
飲み放題 120分
延長は出来ません


フリフリレースのミニ丈ベビードールセット♪

| 画像

会津芦ノ牧温泉

芦ノ牧温泉(あしのまきおんせん)は、福島県会津若松市(旧国陸奥国、明治以降は岩代国)にある温泉。
「会津芦ノ牧温泉」と呼ばれることも多い。
阿賀川を見下ろす高台、国道118号が阿賀川を横断する辺りに温泉街が広がる。
旅館は14軒存在する。共同浴場などはなく、日帰り入浴は旅館の日帰り受付を利用することになる。
温泉街の中心部には足湯が存在する。また、子宝に恵まれるとされることから、金精様を祭った金精神社があり、その前にも足湯が存在する。
温泉街周辺の自然を楽しめる散策路も整備されている。

開湯は1200年前とされる。開湯伝説によれば、行基による発見とされる。異説として、弘法大師による発見説もある。
温泉名の由来は、後に蘆名氏の牧場がこの近くに作られたことに由来する説と、温泉街を流れる大川が渦を巻いていたことに由来する説がある。
江戸時代になっても近隣の人が利用するのみの温泉であったが、明治35年に温泉地に道路が開通したことにより温泉地としての発展を見せていった。

スーパーとことん満足パーテイープラン
スーパーコンパニオン パック
満足して・・もっと楽しい!!120分
コンパニオン延長¥5250/30分

コスチューム ナース・セーラー服・チャイナドレス
とことん満足パーテイプラン
コスチュームコンパニオン パック
お好みのコスチュームが選べます
コンパニオン延長¥6300/1時間


魅惑のヨーロピアン・シルクランジェリー♪
| 画像

箱根温泉

箱根温泉(はこねおんせん)は神奈川県足柄下郡箱根町(旧国相模国)にある温泉の総称。箱根火山の麓から中腹まで、あちこちに温泉街が点在している。付近は富士箱根伊豆国立公園に指定されている。
開湯は奈良時代の天平10年738年、釈浄定坊が発見した『惣湯』。この源泉は現在も使用されている。

箱根温泉が知られるようになったのは、豊臣秀吉の小田原征伐がきっかけである。広大な小田原城を攻めるため全国の武士を集め長期滞陣したが、その無聊を慰めるため温泉に入ったといわれている。
江戸時代は五街道の一つ東海道に沿った温泉として繁栄、箱根七湯として知られた。この頃の箱根七湯は、湯本、塔ノ沢、堂ヶ島、宮ノ下、底倉、木賀、芦之湯。開湯は古いが街道から大きく外れていた姥子の湯を入れて、箱根八湯という場合もあった。徳川家光・徳川綱吉の時代には、将軍への献上湯も度々行われている。なお、江戸時代の温泉番付では芦の湯温泉が前頭上位となっている。
明治以後、1919年には箱根登山鉄道鉄道線が山上まで達し、さらに太平洋戦争終戦後まもなく小田急電鉄が箱根湯本駅まで乗り入れ、非常に便利になった。直通運転開始後、西武鉄道グループと小田急グループの箱根山戦争の舞台となり、結果多くの観光客が訪れるようになった。
2004年、マスコミで温泉偽装問題が大きく取り上げられ、造成温泉を「天然」と表示したり、水道水に鉱石を通すだけで温泉と表示した旅館があると報じられ、問題になった。
2005年には台風11号により湯の花沢地区の造成温泉施設に被害が発生した。配湯されない旅館向けに別源泉からの引湯および温泉スタンドが設置され、源泉販売が行われた。

スーパーコンパニオンパック
スーパーコンパニオンは、シースルー、ランジュリー、コスプレなどのセクシーコンパニオン!!!
お客様は3名様以上でお申込下さい
スーパーコンパニオンは2名以上からの手配です
1泊2食+スーパーコンパニオン120分+飲み放題2時間
一部90分・120分があります(記載)
お車代1台¥3000-¥5000程度かかる場合あります
休前日の記載がない場合はお問合せ下さい



《オープンベビードール&Tバックショーツ》セクシーランジェリー
| 画像

越後湯沢温泉

越後湯沢温泉(えちごゆざわおんせん)は、新潟県南魚沼郡湯沢町(旧国越後国)にある温泉。 ここは川端康成の名作『雪国』の舞台になった温泉町である。
上越新幹線で行くと、トンネルとトンネルの狭間に駅があり、『雪国』の風情を感じるヒマもない。川端康成と同じような風情を味わうには、雪国の国境の群馬県の水上駅から在来線の上越線を使い清水トンネルを抜け、土樽・越後中里と山間を縫うように走ってようやく到着してこそ、川端康成の世界に近づける。

平安末期、高橋半六(高半旅館祖)の温泉発見より(自然湧出毎分約300リットル)始まった現湯沢町の歴史は、その後温泉湧出地名 湯ノ沢から湯沢となる。江戸時代には三国街道の宿場町へと発展していく。 保科正之編纂の「新編会津風土記」に因れば、承保3年(1076年)には既に温泉があったとされる。

温泉地としての繁栄が始まるのは上越線開業後である。

上越新幹線大清水トンネル工事を行った際、一部源泉で湯量減少や源泉枯渇が発生した。その際、昭和54年に日本鉄道建設公団により、4億4,700万円かけて集中管理システムが補償として整備された。


キャミソールコンパニオンプラン
コンパニオンがキャミソールを着て登場!女の子の体がチラチラ見えるドキドキ宴会はいかがですか?

シースルーコンパニオンプラン
シースルーの衣装で登場。いつもと違う雰囲気にハラハラドキドキ間違いなし。


レースラッフルビキニトップ&ソング
| 画像

コンパニオン

コンパニオンとは、女性の接客係のことをいう。おもに料亭、ホテル、旅館などに出張して接客を行う。最近では、風俗店などでコンパニオンの名称が使われることが多くなったため、レセプタントと名称を変えた。(なお、現在コンパニオンと言うとこちらをさすケースが多い)。本来の意味は「仲間」「連れ」(companion)。

通常、会社の職場旅行、宴会などで利用することが多い。コンパニオンは料亭などの従業員ではなく、コンパニオンの業者に料亭などが派遣を依頼している。したがって、通常料亭、旅館などで宴会をする場合、客が直接コンパニオンを呼ぶことはほとんどなく、料亭等を通じて依頼することになる。
だいたい近くのコンパニオン派遣業者に依頼するが、山間部の温泉の場合、離れた町から来る場合も多い。

温泉旅館などに泊まるとき、宴会プランに追加してサービスを依頼する。主な業務内容は「お酌」と「話相手」であるがカラオケを一緒に歌ったりすることもある。したがって、人とのコミュニケーション能力が重要である。数カ国語を自由に使いこなせるバイリンガルなコンパニオンも存在する。遊びなれた通の粋な客は年増との機知に富んだ会話を楽しむ。

温泉旅館でコンパニオンを依頼すると、「時間の延長をしませんか」と勧誘される場合がある。その場合、延長したければしても良いし、しなくても良い。逆に、延長を頼んでも都合によりできない場合もある。

洋服を着ている場合と、和服の場合とがある。チャイナドレスの場合もある。肌の露出が大きい服装であることが多いが、無遠慮にジロジロ見つめてはならない。同じ人が、日によって、和服になったり、洋服になったりすることもある。

現在コンパニオンは主に「ノーマルコンパニオン」と「コスプレコンパニオン」と「シースルーコンパニオン」と「ピンクコンパニオン」の4種類に分類される。ピンクコンパニオンは値段が上がるが全裸になったり、エッチなゲームをしたりすることが可能である。

エッチなゲームの代表的なものとして、ポッキーゲーム、野球拳、ツイスターゲームなどがある。 盛り上がると乱交のような状態になる場合も多い。

ピンクコンパニオンはスーパーコンパニオンと呼ばれる場合もある。

最近では女性客向けに男性コンパニオンを用意している温泉旅館が熱海や伊豆などにある。


KOI・KARA 桜庭優美

CD 人気のCD通販
スイーツ 人気のスイーツ通販
グルメ お取り寄せグルメ通販
| 画像

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。